聖人

聖人
  • 1.せいじん
  • 1.知徳のすぐれたる人。#1

参考文献:::聖人

  • 其(そ)の至(いた)りに及(およ)びては、聖人(せいじん)と雖(いへど)も亦(ま)た知(し)らざる所(ところ)有(あ)り(中庸
  • 然れども聖人の道は、儉を(とうと)びて奢(しゃ)を(にく)み、其の世を(おさ)めて民を(おさ)む、常に盈滿(えいまん)を戒めて、而して退損(たいそん)に從ふ、禮を以てを為すと雖も、而も必ず儉を以て本と為す、其の言の中に及べる者は甚だ少なし。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
  • 蓋し聖人の心は即ち天地の心、遍覆(へんふく)包涵(ほうかん)して容れざる所無く、其の善を善として其の悪を悪(にく)む、何ぞ華夷(かい)の辨有らん。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
備考
#1聖は神の声を聞きうる人をいう。

Page Top