鄭袖

鄭袖
  • 1.ていしゅう
  • 1.戦国時代の人。楚の懷王の寵姫。

    参考文献:::鄭袖

    鄭袖の参考文献はまだ登録されていません。

    一人の美人が来たことで王からの寵を失った。
    そこで鄭袖はその美人をたいそう可愛がり親密になるように努めた。
    ある時、鄭袖が美人に「王はお前の鼻がお気に召していない」と告げたので、美人は王の前で鼻を隠すようになった。
    楚王が鄭袖に尋ねた「最近、美人が私の前では鼻を覆う、何故だろう」。
    鄭袖は答えた「大王の体臭が嫌いなようです」。
    楚王は怒って美人の鼻を除くよう命じた。
    こうして鄭袖は再び寵愛されるようになったという。

     このエントリーをはてなブックマークに追加   

    Page Top