漢字↑

6画常用漢字

常用音訓
  • 1.
  • 2.くわだ-てる
音読み
  • 1.
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿱𠆢止
発音
  • 1.
表示
  • 1.U+4F01
  • 2.企
部首
通仮字
異体字
特殊文字
企の熟語

字源↑

#4/キ#5

  • 1.くはだつ、計畫する。
  • 2.つまだつ、踵カカトを擧げて望む。*1=

解字↑

人に从ひ、止に从ふ、止は卽ち足なり、人が足をつまだてて望む會意文字、俗にと書くは非。(字源)

音韻↑

広韻目次:上4紙

IPA
kʰĭe
ローマ字
khiex/qyee
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
支B

広韻目次:去5寘

IPA
kʰĭe
ローマ字
khjeh/qieh
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
支A

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::企↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
漢字源字通
注解
*1漢書、高帝紀「日夜企而望歸」
備考
#1踵(しょう)を舉ぐるなり、人に従ひ、止を聲とす。(説文解字)
#2人+止(あし)。人が足先でつまだちするの意。(漢字源)
#3人が踵(かかと)をあげて立つ形。人の側身形の下に足の形を加えたもの。かかとをあげて遠くを望むのは、他に対して何らか画策するときの姿勢であるから、ものを企てる意となる。(字通)
#4韻字「寘」
#5韻字「紙」

Page Top