漢字↑

13画人名用漢字

訓読み
  • 1.やと-う#1
音読み
  • 1.ヨウ
  • 2.チョウ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻庸
発音
  • 1.yōng
  • 2.yóng
表示
  • 1.U+50AD
  • 2.傭
部首
通仮字
簡体字
異体字
声符「庸」
傭の熟語

字源↑

ヨウ#6

  • 1.やとふ、やとはる()やとひにん。*1
  • 2.勞作の賃金。

チョウ#7

説文解字↑

均しく直きなり、に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:上平3鍾

IPA
jĭwoŋ
ローマ字
jyung/jvng
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

広韻目次:上平3鍾

IPA
ţʰĭwoŋ
ローマ字
thryung/thivng
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::傭↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1後漢書、夏馥傳「變姓爲冶家傭
*2詩、小雅「昊天不傭」
備考
#1傭(やと)う。雇用する。
#2声符は庸(説文解字)
#3声符は(よう)。凡庸などの意がある。秦・漢以後、傭は傭耕・傭客などの意に用いる。(字通)
#4用・庸は通用し、傭はその声義を承ける。(字通)
#5人+音符庸真ん中を突き通して全体をならす。もと、一定の期間を通して仕事をさせ、全体をならして賃金を支払うこと。(漢字源)
#6韻字「冬」
#7韻字「冬」

Page Top