漢字↑

15画人名用漢字

訓読み
  • 1.つづま-やか#1
音読み
  • 1.ケン
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻僉
発音
  • 1.jiǎn
  • 2.jiàn
  • 3.jiàn
表示
  • 1.U+5109
  • 2.儉
部首
通仮字
異体字
簡体字
声符「僉」
儉の熟語

字源↑

ケン#5#6

  • 1.つづまやか(節約)*1
  • 2.すくなし()とぼし。
  • 3.あきたらず。
  • 4.としみのらず(歲歉)「荒儉」*2
  • 5.けはし。*3=
  • 6.へりくだる貌。

説文解字↑

なり、に従ひを聲とす。

音韻↑

広韻目次:上50琰

IPA
gʰĭɛm
ローマ字
giemx/gyeem
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
鹽B

声調
去声
平水韻

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::儉↑

  • 蓋しは以て禮を守る可く、而して中は則ち執守す可からざるを以てなり。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1禮、檀弓「國奢示之以儉、國儉示之以禮」
*2北史、韓麒麟傳「年豐多積、歲儉出振」
*3荀、富國「下疑俗儉」
備考
#1儉(つづま)やか。つつましむ。控えめ。
#2声符は僉(説文解字)
#3僉(せん)声。僉に檢(検)・劍(剣)(けん)の声がある。僉は二人並んで舞い祈る形で、恭倹の意がある。(字通)
#4人+音符僉ひと所に集約する。散漫にせず、きちんと引き締めた生活ぶりをあらわす。集約して引き締めるの意を含む。(漢字源)
#5韻字「琰」
#6韻字「豔」

Page Top