漢字↑

8画

訓読み
  • 1.つつし-む#1
  • 2.うれ-える#2
  • 3.あわ-れむ#3
音読み
  • 1.ジュツ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰血卩
発音
  • 1.
表示
  • 1.U+5379
  • 2.卹
異体字
簡体字
声符「卪」

説文解字↑

憂ふるなり、に従ひ、(せつ)を聲とす、一に曰く、鮮少なり、と。

音韻↑

広韻目次:入6術

ローマ字
syt/svit
反切
声母
声調
入声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 草書

参考文献:::卹↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通
備考
#1卹(つつし)む。大事にのぞんでつつしむ。
#2卹(うれ)える。つつしみ心配する。
#3卹(あわ)れむ。心配して気に掛ける。
#4声符は卪(説文解字)
#5血+(せつ)。は盟誓のときに用いるもの。その前に人が坐する形。盟誓にのぞんで、つつしむ意を示す。敬卹が字の本義。それより憂卹の意となる。(字通)

Page Top