漢字↑

7画

訓読み
  • 1.く-む
  • 2.の-べる#1
音読み
  • 1.ジョ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰扌予
発音
  • 1.shū
表示
  • 1.U+6292
  • 2.抒
通仮字
異体字
声符「予」
関連

説文解字↑

(く)むなり、に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:上8語

IPA
zĭo
ローマ字
zsiox/szivv
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

広韻目次:上8語

IPA
dʑʰĭo
ローマ字
zsjox/djvv
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::抒↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1予は杼の初文、杼は織物の横糸を通すもの、これで糸を送ることを抒といい、その送る糸を紓という。紐を井中に深くのばして、井水を挹(く)むことをも抒という。
備考
#1抒(の)べる。心の中にあるものをくみあげ他へもらす。おしのべて展開する。
#2声符は予(説文解字)
#3声符は予(よ)。(ひ)の形。それを舒緩(じょかん)にして扱うことを抒という。(字通)
#4手+音符予あるものを押し出してのばすさま。のばす動作を示す。(漢字源)
#5字通

Page Top