漢字↑

14画人名用漢字

訓読み
  • 1.はじ-め#1
音読み
  • 1.チョウ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿱𢼄聿
発音
  • 1.zhào
表示
  • 1.U+8087
  • 2.肇
通仮字
異体字
関連

説文解字↑

擊(う)つなり、に従ひ、の省聲。

音韻↑

広韻目次:上30小

ローマ字
drieux/dyev
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
宵B

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::肇↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1戸は内外を分かつ神聖なところ、所はこの神戸の前に斤(ておの)を鎮座して守ることで聖所をいい、啓はこの神戸を啓(ひら)いて神の啓示をうかがい、肇はその神意を拝して継承し肇(はじ)めることをいう。
備考
#1肇(はじ)め。ことのはじめ。承けて継始する。
#2戶(戸)+聿(いつ)+(ぼく)。は神戸。は書。神戸の扉を啓(ひら)いて、祝祷の書を見ることをという。神意を承け、それによってことをはじめる意である。また継承する意に用いる。(字通)
#3𢼄は戸を手で開くこと。肇はそれと聿を合わせた字で、物事の糸口を左右に開くこと。(漢字源)
#4字通

Page Top