漢字↑

15画16画常用漢字

常用音訓
  • 1.ダク
訓読み
  • 1.ゆる-す#1
  • 2.こた-える#2
  • 3.うべな-う#3
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰言若
発音
  • 1.nuò
表示
  • 1.U+8AFE
  • 2.諾
異体字
簡体字
声符「若」
関連

説文解字↑

𧭭(こた)ふるなり、言に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:入19鐸

IPA
nɑk
ローマ字
nak
反切
声母
声調
入声
小韻
平水韻
等呼
開口一等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::諾↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1口は祝祷を収める器の形で(さい)、これを前にして巫女の祈る形が如、その手をかざして巫女の舞う形が若、それを神が受け入れるのが諾、匿は秘匿(ひとく)のところで信託を求めるをいう。
*2言は神霊に誓って祈る言葉、音はそれに応答した神のおとづれ、諾はその祈りを承けた神の応諾、語は神霊を鎮める言葉、諺はことわざ、神霊にはたらきかける言葉。
備考
#1諾(ゆる)す。承諾する。
#2諾(こた)える。承諾して応答する。
#3諾(うべな)う。同意する。承諾の返事。
#4声符は若(説文解字)
#5声符は若(じゃく)。若は諾の初文。若は歌舞して神意を承ける意。神の応諾するところを諾という。(字通)
#6言+音符若それ、その。そうと承認する返事に用いる。やや間をおいて、考えて答えることをあらわす。言語行為なので、言印をつけた。(漢字源)
#7字通

Page Top