九日侍宴(菅原道真)

九日宴に侍(じ)す。
九月九日菊花の時節、菊の御宴に侍したる時の作。

分類
  • 1.漢詩
漢詩形式
  • 1.七言絶句

原文↑↑↑

不是秋江鍊白  黄金化出菊叢
微臣把得籝中満  豈若一経遺在

  
  

書き下し文↑↑

是れ秋江(しゅうこう)白紗(はくさ)(ね)るならず、黄金(おうごん)(か)(いだ)菊叢(きくそう)(か)
微臣(びしん)(と)り得て(えいちゅう)(み)つ、豈に(し)かん一経(いっけい)(のこ)して家に在るに。#1

現代語訳↑

白菊は秋の川辺に映えるうすぎぬのようで、黄菊はまるで黄金のように輝いている。
たくさん取ってかごいっぱいに出来るとしても、一経を遺して子孫に伝えることには遠く及ばないのだ。

備考
#1漢書、韋賢伝「鄒魯諺曰、遺子黄金満籝、不如一経。」
補足
1.平声、2.上声、3.入声、4.入声、5.平声、
:上声、
:平声、
:平声、
:去声、
:入声、
:平声、
:データ未収
:平声、
:去声、
1.去声、2.入声、
:入声、
:平声、
:平声、
:平声、
:平声、
:上声、
:入声、
:平声、
1.平声、2.去声、
:データ未収
:上声、
1.平声、2.上声、3.入声、
:入声、
:データ未収
1.平声、2.去声、
1.上声、2.去声、
:平声、

Page Top