• [1ページ目]
偃仰Link
  • 1.エンカウ
  • 2.エンギヤウ
  • 1.ねたり又、起きたりする、轉じて浮沈する義。=俯仰。
  • 2.ひまなるさま。
  • 1.えんぎょう
  • 2.えんこう
  • 1.気ままに寝起きする。
  • 2.時勢によって盛衰すること。
  • 3.横臥してのんびりする。
    偃傲Link
    • 1.エンガウ
    • 1.おごりたかぶる。=偃蹇。
      偃革Link
      • 1.エンカク
      • 1.戰をやめる、革はかぶと、よろひの類。=偃戈・偃武。
        偃甲Link
        • 1.エンカフ
        • 1.戰をやめる、甲はよろひ。=偃兵・偃武。
          偃戈Link
          • 1.エンクワ
          • 1.戰をやめる、戈はほこ。=偃革・偃武。
            偃臥Link
            • 1.エングワ
            • 1.うつぶしになりてねる。
              偃月Link
              • 1.エンゲツ
              • 1.ひたひの骨のさま。貴女の骨相の稱。
                偃月刀Link
                • 1.エンゲツタウ
                • 1.なぎなた。=關刀。
                  偃月堂Link
                  • 1.エンゲツダウ
                  • 1.林甫此の堂に居りて大臣を中傷構陷する法を思ふ、一名月堂。
                    偃蹇Link
                    • 1.えんけん
                    • 1.高くそびえ、わだかまる。
                    • 2.おごりたかぶる。
                    • 1.エンケン
                    • 1.おごりたかぶる貌。
                    • 2.轉じて奇怪なる巖石の形容とす。
                    • 3.舞ふ貌。
                    • 4.高き貌。
                    • 5.物の衆くして盛なる貌。
                      偃草Link
                      • 1.エンサウ
                      • 1.人民の敎化に服從すること、草の風になびき伏す如きをいふ。字解を見よ。
                        偃師Link
                        • 1.エンシ
                        • 1.でくつかひ。=傀儡師。
                          偃鼠飮河不過滿腹Link
                          • 偃鼠飮河不滿腹
                          • 1.エンソカニノムモマンプクニスギズ
                          • 1.どぶねずみが河にて水を飮むも腹一ぱいより多くは飮む能はず、人各其の性分に安んずべしとの喩。
                            偃側Link
                            • 1.エンソク
                            • 1.よりかかりてふす。もたれ横はる。=倚伏。
                              偃柝Link
                              • 1.エンタク
                              • 1.拍子木ヒヤウシギをふせて用ひず、盜賊の警戒を要せざるやうに太平の世となる(鮑照、河淸頌序)
                                偃豬Link
                                • 1.エンチヨ
                                • 1.ゐせき、用水をせきとめし所。用水池、豬はに通ず。
                                  偃仆Link
                                  • 1.エンプ
                                  • 1.たふれふす。
                                    偃武Link
                                    • 1.エンブ
                                    • 1.武器をふせて用ひず。いくさをやめて太平の世となりし義。=偃戈・偃兵・偃甲。
                                      偃游Link
                                      • 1.えんゆう
                                      • 1.吹き流しの類い。風に吹きなびく円筒・半円形の布の輪。風の向きを知るために用いられる。こいのぼりも吹き流しの一種。
                                      • 1ページ目

                                      Page Top