漢字↑

8画9画常用漢字人名用漢字

常用音訓
  • 1.
  • 2.あなど-る#1
音読み
  • 1.
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻毎
  • 2.⿰亻每
発音
  • 1.
表示
  • 1.U+4FAE
  • 2.侮
部首
通仮字
異体字
声符「毎」
同訓異義
侮の熟語

字源↑

#6

  • 1.あなどる、あなどり(*4
  • 2.かろんず()輕蔑する。
  • 3.しのぐ(*5
  • 4.もてあそぶ(戲弄)

説文解字↑

(あなど)るなり、に従ひ、を聲とす。(説文解字注)

音韻↑

広韻目次:上9麌

IPA
mĭu
ローマ字
myox/miuu
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::侮↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1侮は人を輕んじなぶる義、慢易なり。孝經「治國者、不敢侮於鰥寡
*2慢はじだらくにして、何とも思はざる義、暴慢・怠慢と連用す、侮より甚し、相手なくとも放肆にして、じだらくなるは慢なり。
*3易は心やすくあひしらふなり。
*4史、淮陰侯傳「淮陰少年有信者
*5左、昭元「不鰥寡
備考
#1侮(あなど)る。軽侮する。
#2声符は毎(説文解字)
#3声符は毎(まい)。に昏昧の意があり、毎々は昏々の意。(字通)
#4人+音符毎。見えない→認めない、目にもとめないの意を含む。毎は母と同じく、子をうむ母親をあらわす。ここでは侮の音を示すのみで、母の意に関係はない。(漢字源)
#5字源
#6韻字「虞」

Page Top