漢字↑

14画

音読み
  • 1.セウ
  • 2.ショウ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻焦
発音
  • 1.jiāo
表示
  • 1.U+50EC
  • 2.僬
部首
声符「焦」

字源↑

セウ#2

  • 1.僬は明察の貌。
  • 2.僬僥は短人、西南夷の別名。

セウ#3

  • 1.はしる、趨走して容止を整へざる貌。

音韻↑

広韻目次:下平4宵

IPA
dzʰĭɛu
ローマ字
zieu/dzieu
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
宵A

広韻目次:下平4宵

IPA
tsĭɛu
ローマ字
cieu/zieu
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
宵A

広韻目次:去35笑

IPA
tsĭɛu
ローマ字
cieuh/ziew
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
宵A

書体↑

  • 楷書

参考文献:::僬↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通
備考
#1声符は焦(しょう)。古く僬僥(しょうぎょう)という古国名としてみえ、その人は長(たけ)一尺五寸の小人国であったという。その小走りするさまを僬僬といったのであろう。明察の意に用いるのはの通用義。(字通)
#2韻字「蕭」
#3韻字「嘯」

Page Top