漢字↑

15画16画17画

訓読み
  • 1.むくげ#1
  • 2.きはちす#2
  • 3.あさがお#3#4
音読み
  • 1.シュン
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿱艹舜
発音
  • 1.shùn
表示
  • 1.U+8563
  • 2.蕣
異体字
声符「舜」
蕣の熟語

説文解字↑

木堇(もくきん)なり、朝に華さき暮れに落つる者なり、艸に従ひ、を聲とす、詩に曰く、顔、蕣華(しゅんか)の如し、と。

音韻↑

広韻目次:去22稕

IPA
ɕĭuĕn
ローマ字
sjynh/sjvinn
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::蕣↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
備考
#1木槿(むくげ)。夏から秋に白または紅紫の花をつける。朝に咲き暮にしぼむことから、はかなさに例えられる。
#2木槿(むくげ)の別称。
#3国語で、朝顔。ヒルガオ科の植物。
#4木槿(むくげ)の古称。
#5声符は舜(説文解字)
#6声符は舜(しゅん)。説文にむくげをいい、わが国では朝顔の意に用いる。(字通)
#7艸+音符舜はやい。花の咲くのも枯れるのもはやい植物。(漢字源)

Page Top