到の漢字情報。漢字構成、成り立ち、読み方、書体など|漢字辞典

漢字↑

8画常用漢字

常用音訓
  • 1.トウ
訓読み
  • 1.いた-る#1
成り立ち
  • 1.形声#2
  • 2.会意#3
  • 3.会意形声#4
漢字構成
  • 1.⿰至刂
発音
  • 1.dào
表示
  • 1.U+5230
  • 2.到
異体字
声符「刀」
声符「到」

解字↑

の初文はに作り、到・致はのち自動詞・他動詞に分かれたものと思われる。(字通)

説文解字↑

るなり、に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:去37号

IPA
tɑu
ローマ字
tauh/taw
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
開口一等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::到↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
字通漢字源
備考
#1到(いた)る。到達する、つく。
#2声符は刀(説文解字)
#3至+人。金文の字形はに作り、至と人とに従う。は矢の到達する所。そこに人が立つ形。致送して至ることをいう。至は地をえらぶとき、矢を放って、その至るところをみて定める占地のしかたをいう。(字通)
#4至+音符刀。至は、矢が一線に届くさま。刀は、弓なりにそったかたな。まっすぐ行き届くのを至といい、弓なりの曲折をへて届くのを到という。(漢字源)

Page Top