漢字↑

14画

訓読み
  • 1.あつ-まる#1
音読み
  • 1.シュウ
  • 2.ジュ
  • 3.シュ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿱取乑
  • 2.⿱取
発音
  • 1.
表示
  • 1.U+805A
  • 2.聚
通仮字
異体字
声符「取」
声符「聚」
関連

説文解字↑

するなり、に従ひ、を聲とす、邑落(ゆうらく)を聚と云ふ。

音韻↑

広韻目次:上9麌

IPA
dzʰĭu
ローマ字
zyox/dziuu
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

広韻目次:去10遇

IPA
dzʰĭu
ローマ字
zyoh/dziuh
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::聚↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1取は戦果の証に相手の耳を切り取る意、これを聝といい、また首を取るを馘という。これを多くよせ集めるのが最・撮・聚で、その最たる者は軍功第一。
備考
#1聚(あつ)まる。一ヶ所にあつまる。
#2声符は取(説文解字)
#3声符は取(しゅ)。は戦場で左耳を切り取って戦功の証とするもので、その耳をあつめることを会撮という。説文に会聚の意とするが、聚はもと会撮を意味する字であろう。(字通)
#4三人の人+音符取敵の耳をとってあつめ持つ。多くの人がひと所にあつまることを示す。(漢字源)
#5字通

Page Top