侗の漢字情報。漢字構成、意味、成り立ち、読み方、書体など|漢字辞典

漢字↑

8画

音読み
  • 1.トウ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻同
発音
  • 1.tóng
  • 2.dòng
表示
  • 1.U+4F97
  • 2.侗
部首
異体字
声符「同」
侗の熟語

字源↑

トウ#2

  • 1.おろか(無知)*1
  • 2.おろかなる人。*2
  • 3.倥侗はをさなし(童蒙)=空同。

トウ#3

  • 1.なほし(
  • 2.長大なり。

トウ#4

  • 1.まこと、つつしむ(誠愨)

説文解字↑

大いなる皃(すがた)#5に従ひ、を聲とす、詩に曰く#6、神時(こ)れを侗(いた)む罔(な)し、と#7

音韻↑

広韻目次:上平1東

IPA
dʰuŋ
ローマ字
dung
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口一等韻
韻摂
韻部

広韻目次:上平1東

IPA
tʰuŋ
ローマ字
thung
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口一等韻
韻摂
韻部

広韻目次:上1懂

IPA
tʰuŋ
ローマ字
thungx/thunk
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
開口一等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書

参考文献:::侗↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
注解
*1論、泰伯「侗而不愿」
*2書、顧命「在後之侗、敬迓天威
備考
#1声符は同(説文解字)
#2韻字「東」
#3韻字「董」
#4韻字「送」
#5論語。侗而不愿。孔注に曰く、侗は、未成器の人、と。按ずるに此れ大義之引伸。猶ほ渾沌未だ鑿(ひら)かざるを言うがごときなり。(説文解字注)
#6大雅、文王之什、思齊
#7今本作恫。傳曰。恫、痛也(説文解字注)

Page Top