殴の漢字情報。漢字構成、成り立ち、読み方、書体など|漢字辞典

漢字↑

8画常用漢字

常用音訓
  • 1.オウ
  • 2.なぐ-る
訓読み
  • 1.う-つ
成り立ち
  • 1.会意#1
  • 2.会意形声#2
漢字構成
  • 1.⿰区殳
発音
  • 1.
  • 2.ōu
表示
  • 1.U+6BB4
  • 2.殴
異体字
繁体字
声符「區」
同訓異義

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::殴↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
字通漢字源
注解
*1伐は左傳に、罪を聲ナラしてうつを伐といふとあり、征伐と連用すれば、上より下をうつなり、左傳に、師に鐘鼓あるを伐といひ、無きを侵といふとあり。
*2征は上より下の罪をとがめうつなり。孟子「征者上伐下也」
*3討は罪をいひたてて討つなり。書經「天討有罪」以上の三字は、戰ひて敵をうつに用ふ。
*4擊は手或(あるい)は物にてつよくうつなり。史記「拔劍擊柱」北史「以瓦石打公門」又、敵をうち、仇をうつにも用ふ。
*5打は擊也と註す、用法廣し、又、何の義もなく用ふることあり、打聽・打睡等の如し、猶ほ國語に「うちぎき」「うちふす」といふが如し。
*6撲は小擊也、ぼとぼとと打ち當る義。「雪撲衣」「撲螢」の類。
*7拍は手のひら又は拍板ヒヤウシギの類をうつなり。
*8搏は拍に同じ、ただ搏は手に力を入れてうつなり。
*9拊は輕く物に當ててうつなり。書經「搏拊琴瑟
*10撻は鉦鼓をうつなり。撻・扑・捶の三字は「むちうつ」と訓む、刑罰の時、杖にてうつなり。
*11毆は杖にて人をたたくなり。說文「毆捶擊物也」
備考
#1旧字は。區(区)+殳(しゆ)。を殴つ形。區は匸(けい)秘匿のところで呪祝の器である(さい)を多く列ねる意。祝禱のとき、その器を殴って、祈ることの成就を責める。その祈る声をという。(字通)
#2殳+音符區かがむで、相手がかがむようになるまでうちすえること。(漢字源)
#3字源

Page Top