脂の漢字情報。漢字構成、成り立ち、読み方、書体など|漢字辞典

漢字↑

10画常用漢字

常用音訓
  • 1.
  • 2.あぶら#1
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰月旨
  • 2.⿰⺼旨
発音
  • 1.zhī
表示
  • 1.U+8102
  • 2.脂
異体字
声符「旨」
関連

説文解字↑

角を戴く者は脂あり、角無き者はあり、に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:上平6脂

IPA
tɕi
ローマ字
cjii/tji
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部
脂A

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::脂↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
字通漢字源
注解
*1旨は旨肉で脂ののった肉、これをとるものを指、神意にかなうことを恉という。
備考
#1動物性の脂(あぶら)。動物の皮下につまった脂(あぶら)。
#2声符は旨(説文解字)
#3声符は旨(し)。に旨肉の意がある。脂は肉中の脂、は臓腑の間にあるものをいう。(字通)
#4肉+音符旨人の口にうまい、こってりした味。こってりときめ細かに充実したあぶら肉のこと。(漢字源)
#5字通

Page Top