除の漢字情報。漢字構成、成り立ち、読み方、書体など|漢字辞典

漢字↑

10画教育漢字6年生常用漢字

常用音訓
  • 1.
  • 2.ジョ
  • 3.のぞ-く#1
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰阝余
発音
  • 1.chú
表示
  • 1.U+9664
  • 2.除
異体字
声符「余」
声符「除」
関連
除の熟語

説文解字↑

殿陛(でんぺい)なり、𨸏に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:上平9魚

IPA
ɖʰĭo
ローマ字
drio/div
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

広韻目次:去9御

IPA
ɖʰĭo
ローマ字
drioh/divh
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 篆書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

古代文字↑

  • 古代

参考文献:::除↑

  • の参考文献はまだ登録されていません。
↓↓
部品一覧へ
字通漢字源
注解
*1余は膿血などを除く治療用の針、これを祝祷の器である(さい)に加えてその呪能を無力にすることを舍(捨)、神の陟降する聖地に刺して埋蠱(まいこ)のような呪法を無力にし清めることを除、道路に刺して修祓するを途、これによって安らかとなるを徐という。
備考
#1除(のぞ)く。とりさる。はらいのぞく。除去する。
#2声符は余(説文解字)
#3声符は余(よ)。は把手のある大きな針。𨸏(ふ)は神梯の形で神の陟降する聖地、その地を修祓することを除といい、祓除(ふつじょ)を原義とする。祓除の意より除去・除外・除任・除夕のように用いる。みな旧を棄て、新に就く意である。(字通)
#4土盛り+音符余スコップで土や雪を左右に押しのける。じゃまになる土を押しのけること。(漢字源)
#5字通

Page Top