漢字↑

13画/ #1

訓読み
  • 1.みだれる
  • 2.おさめる
音読み
  • 1.ラン
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰𤔔乚
発音
  • 1.luàn
表示
  • 1.U+4E82
  • 2.亂
部首
異体字
簡体字
声符「亂」
亂の熟語

字源↑

ラン#5

  • 1.みだる、みだす、みだれ()治まらず、秩序が立たず「亂世」「亂邦」
  • 2.安からず。*1きまらぬ、事の未だ定らざる辭。*2
  • 3.たたかひ、兵寇(へいこう)。*3
  • 4.心惑ふ、思ひ煩ふ。*4
  • 5.をさむ(
  • 6.河の流を正しく橫ぎり渡る。*5
  • 7.淫する、淫行ミダラナルオコナヒ「淫亂」姦する。*6
  • 8.まじふ、まじはる(混雜)
  • 9.音樂の卒章。*7
  • 10.霍亂カクランは病名、暑氣にあたりて吐瀉(としゃ)する病。

解字↑

本義は𤔔が乱れる、亂が治める意。
後に亂に𤔔の訓を加え「乱る」「治む」の両義を生ず。(字通)

音韻↑

広韻目次:去29換

IPA
luɑn
ローマ字
luanh/luann
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
合口一等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::亂↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1楚辭、大招、章句「憂思煩亂」
*2檀弓「夫婦方亂」
*3左、文七「兵作於内亂」
*4鮑照、採菱歌「春思亂如麻」
*5書、禹貢「亂於河
*6史、黥布傳「王疑其與亂
*7論、泰伯「師摰之始、關雎之亂」
備考
#1乱は俗字(字源)
#2治むるなり、乙に従ふ。乙は之を治むるなり。𤔔に従ふ。(説文解字)
#3𤔔は糸かせの上下に手を加えている形で、もつれた糸。乙は骨べら。これでもつれを解く意。(字通)
#4𤔔は糸を上と下から手で引っぱるさま。乚は乙印で押さえるの意。(漢字源)
#5韻字「翰」

Page Top