漢字↑

7画常用漢字人名用漢字

常用音訓
  • 1.ソク
漢字構成
  • 1.⿰卩
発音
  • 1.
表示
  • 1.U+5373
  • 2.即
通仮字
異体字
繁体字
声符「即」
同訓異義
関連

音韻↑

広韻目次:入24職

IPA
tsĭək
ローマ字
cik/ziok
反切
声母
声調
入声
小韻
平水韻
等呼
開口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::即↑

  • 故に(ひろ)く義理を論ずるは、事に(つ)き物に即きて、(ただ)ちに其の是非(ぜひ)得失(とくしつ)を(べん)ずるの(まさ)れりと為すに若(し)かざるなり。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
注解
*1乃はそこでと譯す「繼事之辭」と註す、一事を言ひ畢りて更に或事に言ひ及ぶ義。月令「仲春之月、雷乃發聲」とあり、雷は仲春に至りて、そこで漸く聲を發すとの義。
*2迺は乃と同字。
*3則の字の類は、皆句中にある字なり、句尾にあることなし、則は「れば」「らば」「るならば」「るなれば」「は」などと譯し「然後之辭」と註す、「これはかうそれはさう」といふ辭。論語「子弟入則孝、出則弟」とある如し、則の字、字を隔てて置くことあり。左傳「山有木、工則度之」とある如し、則の字木の字の下に置くべきを一字隔てて工の字の下に置けり、これ工の字を重く主としたるなり、毛詩「旣見君子、我心則喜」とあるも、此れと同じく子の字の下に、則の字を置くべきを、我心の二字を隔てて置きたるなり。
*4卽は、とりもなほさずと譯す、そのままの義、性卽理也の如し、則の字は緩にして、卽の字は急なり。史、項羽紀「徐行卽免死、疾行則及禍」とあり、ここにては徐行を主とするに由りて、徐行に卽を用ひ、疾行には則を用ひたるなり。
*5便は、そのまま、たやすくと譯し、卽也と註す、卽よりは稍々輕し。
*6輒は、たやすくと訓む、便に近し「毎事卽然也」と註す、は俗字。
*7載は受け載する義にて上を受くる辭「たやすく、そのまま」の義、便に近し。
*8人のひざまずいて坐する姿が卩、食膳の前に人が坐するのが即、相対して坐するのが卿。
備考
#1字源
#2字通

Page Top