漢字↑

10画常用漢字

常用音訓
  • 1.ホウ
  • 2.なら-う
音読み
  • 1.ハウ
  • 2.バウ
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻放
発音
  • 1.fǎng
表示
  • 1.U+5023
  • 2.倣
部首
異体字
簡体字
声符「放」
同訓異義
倣の熟語

字源↑

ハウ#5/バウ#5

  • 1.ならふ()まなぶ(*7通じて仿に作る。
  • 2.よる(

音韻↑

広韻目次:上36養

IPA
pĭwaŋ
ローマ字
pyangx/pvank
反切
声母
声調
上声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::倣↑

の参考文献はまだ登録されていません。

↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1傚は效に同じ、先例にまねびならふなり。
*2倣は傚と同義なり、傚也、依也、摹也、想象也、遵行也と註す、放に作る、同じ。
*3習は重也と註す、その事を幾遍となく、重ねてならひ熟するなり。論語「學而時習之」
*4肄は習なり、藝術を復習するなり。左傳「肄業」
*5慣はならひ、なるるなり。大戴禮「習慣如自然
*6閑は無骨ならざるやうに、なるるなり。史記「明於治亂、閑於詞令
*7宣和書譜「學者率模倣焉」
備考
#1声符は放
#2声符は放(ほう)。は架屍を殴(う)つ共感呪術で、依倣・倣効の意をも含み、放の古い字義を存する字である。放効はまた倣傚といい、傚は)・)系統の語で、また摸倣の意がある。(字通)
#3人+音符放(=方同じように左右にはり出たすきの柄のこと)。似たものを左右に並べてくらべあわせること。(漢字源)
#4字源
#5韻字「養」
#6韻字「養」

Page Top