漢字↑

14画16画/ #1

訓読み
  • 1.おご-る#2
  • 2.そし-る
  • 3.たが-う#3
音読み
  • 1.セン
  • 2.シン
  • 3.ソン
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰亻朁
発音
  • 1.jiàn
表示
  • 1.U+50ED
  • 2.僭
部首
通仮字
異体字
声符「朁」
僭の熟語

字源↑

セン#7

  • 1.かる()なぞらふ()下の者が分を越えて上の者のまねをする「僭越」
  • 2.おごる、おごり(
  • 3.たがふ(

シン・ソン#8

  • 1.いつはり、いつはる、讒言ザンゲンをする。=

シン#9

  • 1.みだる(

説文解字↑

(か)るなり、に従ひ、を聲とす。

音韻↑

広韻目次:去56𣕊

IPA
tsiem
ローマ字
cemh/zemm
反切
声母
声調
去声
小韻
平水韻
等呼
開口四等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::僭↑

  • 言ふは、季氏陪臣(ばいしん)を以てして敢へて(おか)して天子の禮楽を用ふ、是れ敢へて忍びて為す可きの事か、而して尚ほ忍びて之れを為さば、則ち何の事か忍びて為す可からざらん。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
  • 当時の人、三家の禮に(たが)ふを視て、徒(いたずら)に其の非を(ただ)すこと能はざりしのみならず、(かへ)つて之れを挙げて以て美談(びだん)と為せり。(論語注:伊藤仁斎「論語古義」
↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
備考
#1は別字(字源)
#2僭(おご)る。分限をこえる。僭越。
#3僭(たが)う。次序を誤る。
#4声符は朁(説文解字)
#5声符は朁(しん)。(しん)(かんざし)を、祝祷を収める器(えつ)の上に加えて、人を呪詛する意。〔詩、小雅、鼓鍾〕「雅を以てし南を以てし 籥(やく)を以てして僭(たが)はず」とあり、節度や次序を誤ることを僭という。(字通)
#6人+音符朁すきまにわりこむ。他人の領分にもぐりこんでおかすこと。(漢字源)
#7韻字「豔」
#8韻字「沁」
#9韻字「侵」

Page Top