漢字↑

13画常用漢字

常用音訓
  • 1.
訓読み
  • 1.かす-か#1
  • 2.ひそ-か#2
  • 3.な-し#3
音読み
  • 1.
成り立ち
漢字構成
  • 1.⿰彳𣁋
  • 2.⿰彳𢼸
発音
  • 1.wéi
  • 2.wēi
表示
  • 1.U+5FAE
  • 2.微
通仮字
異体字
声符「𣁋」
声符「微」
関連
微の熟語

説文解字↑

隱行するなり、に従ひ、𢼸を聲とす、春秋傳に曰ふ、白公其の徒、之れを微(かく)す#8、と。

音韻↑

広韻目次:上平8微

IPA
mĭwəi
ローマ字
myoi/mvoi
反切
声母
声調
平声
小韻
平水韻
等呼
合口三等韻
韻摂
韻部

書体↑

  • 楷書
  • 隷書
  • 行書
  • 草書

参考文献:::微↑

  • (いん)より(あらは)れたるは(な)く、(び)より(あらは)れたるは莫し(中庸
  • (そ)れ(び)の(あきら)かなる、(まこと)の(おほ)ふべからざる、(かく)の(ごと)き(かな)(中庸
↓↓
部品一覧へ
 このエントリーをはてなブックマークに追加   
字通漢字源
注解
*1長は長髪の人で部族を代表する者、そのような人を殴(う)って部族に対して懲罰を与えるのが徴(徵)、敵方の若い巫女を殴って呪力を微(な)くするのが微、髑髏(どくろ)を殴ってその呪霊を刺激し徼(もと)めるのが徼。徴(徵)・微・徼はいずれも相似た呪的行為を意味する字。
備考
#1微(かす)か。ほんのわずか。ほのか。おとろえる。
#2微(ひそ)か。目だたぬように。かくれる。のがれる。
#3微(な)し。無い。有無の「なし」の意。
#4声符は𣁋(説文解字)
#5声符は𣁋(び)。𣁋は敵方の媚女(巫祝)をうちすえて、敵の呪力を殺(そ)ぐ共感呪術の方法をいう。それは速やかに伝達させるために道路で行い、また陰微のうちに行われた。本義は、敵の呪的な力を減殺(げんさい)することをいう。(字通)
#6いく+音符𣁋糸端のように目立たないようにすること。目だたないようにしのびあるきすること。(漢字源)
#7字通
#8楚の白公勝の乱。白公勝は首をくくって自殺し、その徒がこれを隠した。後に石乞は捕らえられ、白公勝の屍の場所を問われたが、「死に場所は知っていますが、言うなといわれております。事が成れば卿となり、事が成らなければ煮殺されるのはもとよりのことです」と答えて死んだ。

Page Top