第十六章

原文↑↑↑

子曰。
鬼神之爲德。其盛矣乎。
視之而弗見。聽之而弗聞。體物而不可遺。
使天下之人。齊明盛服。以承祭祀。洋洋乎如在其上。如在其左右。
詩曰。神之格思、不可度思。矧可射思。#1
夫微之顯。誠之不可揜。如此夫。

書き下し文↑↑

子曰く、
鬼神(きしん)(とく)たるや、(そ)(せい)なるかな。
(こ)れを(み)れども(み)えず、(こ)れを(き)けども(き)こえず、(もの)(たい)して(のこ)(べ)からず。
天下(てんか)の人(ひと)をして、斉明(さいめい)盛服(せいふく)して、以(もつ)祭祀(さいし)(う)けしめ、洋洋(ようようこ)として其(そ)の上(かみ)に在(あ)るが如(ごと)く、其(そ)左右(さゆう)に在るが如し。
詩に曰く、(しん)(いた)る、(はか)(べ)からず、(いは)んや(いと)(べ)けんやと。
(そ)(び)(あきら)かなる、(まこと)(おほ)ふべからざる、(かく)(ごと)(かな)

 このエントリーをはてなブックマークに追加   
備考
#1語末の思は、終助詞で読まない。

Page Top