本文

第一章Link

天命之謂性。率性之謂道。脩道之謂敎。道也者不可須臾離也。可離非道也。是故君子戒愼乎其所不睹。恐懼乎其所不聞。莫見乎隱。莫顯乎微。故君子愼其獨也。喜怒哀樂之未發謂之中。發而皆中節謂之和。中也者天下之大本也。和也者天下之達道也。致中和天地位焉萬物育焉。

天命(てんめい)(こ)れを(せい)(い)ひ、性に(したが)れを(みち)と謂ひ、道を(おさ)むるれを(おし)へと謂ふ。須臾(しゅゆ)(はな)るべからざるなり、離るべきは(あら)ざるなり。(こ)(ゆえ)君子(くんし)(そ)(み)ざる(ところ)戒慎(かいしん)し、其の(き)かざる所を恐懼(きょうく)す。(いん)より(あらは)れたるは(な)く、(び)より(あらは)れたるは莫し。故に君子(くんし)は其の(どく)(つつ)しむなり。喜怒哀楽(きどあいらく)(いま)(はつ)せざる之れを(ちゅう)と謂ふ、発して(み)(せつ)(あた)る之れを(わ)と謂ふ。(ちゅう)天下(てんか)大本(たいほん)なり、(わ)は天下の達道(たつどう)なり。中和(ちゅうわ)(いた)して天地(てんち)(くらい)萬物(ばんぶつ)(いく)す。

第二章Link

仲尼曰。君子中庸。小人反中庸。君子之中庸也。君子而時中。小人之反中庸也。小人而無忌憚也。

仲尼(ちゅうじ)曰く、君子(くんし)中庸(ちゅうよう)し、小人(しょうじん)中庸(はん)す。君子の中庸や、君子にして時中(じちゅう)す。小人の中庸に反するや、小人にして忌憚(きたん)(な)きなり。

第三章Link

子曰。中庸其至矣乎。民鮮能久矣。

子曰く、中庸(ちゅうよう)(そ)(いた)れるかな。(たみ)(よ)くする(すくな)きこと(ひさ)し。

第四章Link

子曰。道之不行也。我知之矣。知者過之。愚者不及也。道之不明也。我知之矣。賢者過之。不肖者不及也。人莫不飮食也。鮮能知味也。

子曰く、(みち)(おこな)はれざるや、(われ)(こ)れを(し)れり。知者(ちしゃ)(こ)れに(す)ぎ、愚者(ぐしゃ)(およ)ばず。道(みち)(あき)らかならざるや、我(われ)(こ)れを知(し)れり。賢者(けんじゃ)は之(こ)れに過(す)ぎ、不肖(ふしょうしゃ)は及(およ)ばざるなり。人飲食(いんしょく)せざるは(な)し、(よ)(あじはひ)(し)ること(すくな)きなり。

第五章Link

子曰。道其不行矣夫。

子曰く、(みち)(そ)(おこな)はれざる(か)

第六章Link

子曰。舜其大知也與。舜好問而好察邇言。隱惡而揚善。執其兩端。用其中於民。其斯以爲舜乎。

子曰く、(しゅん)は其れ大知(たいち)なる(か)。舜(しゅん)(と)ふことを(この)みて(この)みて邇言(じげん)(さつ)し、(あく)(かく)して(ぜん)(あ)げ、(そ)両端(りょうたん)(と)りて(ちゅう)(たみ)(もち)ふ。其れ(こ)れを(もつ)て舜(しゅん)(た)(か)

第七章Link

子曰。人皆曰予知。驅而納諸罟擭陷阱之中。而莫之知辟也。人皆曰予知。擇乎中庸。而不能期月守也。

子曰く、人(ひと)(み)な曰(い)ふ、(わ)れ知(ち)ありと。(か)りて諸(これ)罟擭(こかく)陥阱(かんせい)(うち)(い)れ、(しか)(こ)れを(さ)くるを(し)(な)きなり。人(ひと)(み)な曰(い)ふ、予(わ)れ知(ち)ありと。中庸(ちゅうよう)(えら)びて、而(しか)期月(きげつ)(まも)ること(あた)はざるなり。

第八章Link

子曰。囘之爲人也。擇乎中庸。得一善。則拳拳服膺而弗失之矣。

子曰く、(かい)(ひと)(な)りや、中庸(ちゅうよう)(えら)びて、一善(いちぜん)(う)れば、(すなは)拳拳服膺(けんけんふくよう)して之(こ)れを(うしな)はず。

第九章Link

子曰。天下國家可均也。爵祿可辭也。白刃可蹈也。中庸不可能也。

子曰く、天下(てんか)国家(こくか)(ひと)しうすべきなり、爵禄(しゃくろく)(じ)すべきなり、白刃(はくじん)(ふ)むべきなり、中庸(ちゅうよう)(よ)くすべからざるなり。

第十章Link

子路問強。子曰。南方之強與。北方之強與。抑而強與。寬柔以敎。不報無道。南方之強也。君子居之。衽金革。死而不厭。北方之強也。而強者居之。故君子和而不流。強哉矯。中立而不倚。強哉矯。國有道不變塞焉。強哉矯。國無道至死不變。強哉矯。

子路(しろ)(きょう)(と)ふ。子曰く、南方(なんぽう)の強か、北方(ほっぽう)の強か、(そもそも)(なんじ)の強か。寛柔(かんじゅう)(もつ)(おし)へ、無道(むどう)(むく)いざるは、南方(なんぽう)の強なり、君子(くんし)(こ)れに(お)る。金革(きんかく)(しとね)とし、(し)して(いと)はざるは、北方(ほっぽう)の強なり、而(しこう)して強者(きょうしゃ)(こ)れに居(お)る。故(ゆえ)君子(くんし)(わ)して(なが)れず、(きょう)なるかな(きょう)たり。中立(ちゅうりつ)して(よ)らず、強なるかな矯(きょう)たり。(くに)(みち)(あ)れば(そく)(へん)ぜず、強なるかな矯(きょう)たり。国(くに)(みち)(な)ければ(し)(いた)るも変(へん)ぜず、強なるかな矯(きょう)たり。

第十一章Link

子曰。素隱行怪。後世有述焉。吾弗爲之矣。君子遵道而行。半塗而廢。吾弗能已矣。君子依乎中庸。遯世不見知而不悔。唯聖者能之。

子曰く、(いん)(もと)(かい)を行ふは、後世(こうせい)(の)ぶること(あ)らん、(われ)は之(こ)れを(な)さず。君子(くんし)(みち)(したが)ひて(おこな)ひ、半塗(はんと)にして(はい)す、吾(われ)(や)むこと(あた)はず。君子(くんし)中庸(ちゅうよう)(よ)り、(よ)(のが)れて(し)られずして(く)いず、(た)聖者(せいじゃ)のみ之(こ)れを(よ)くす。

第十二章Link

君子之道費而隱。夫婦之愚。可以與知焉。及其至也。雖聖人亦有所不知焉。夫婦之不肖。可以能行焉。及其至也。雖聖人亦有所不能焉。天地之大也。人猶有所憾。故君子語大。天下莫能載焉。語小。天下莫能破焉。詩云。鳶飛戾天。魚躍于淵。言其上下察也。君子之道。造端乎夫婦。及其至也。察乎天地。

君子(くんし)の道(みち)(ひ)にして(いん)夫婦(ふうふ)(ぐ)も、以(もつ)(あづか)り知(し)るべきなり。其(そ)の至(いた)りに及(およ)びては、聖人(せいじん)と雖(いへど)も亦(ま)た知(し)らざる所(ところ)(あ)り。夫婦(ふうふ)不肖(ふしょう)も、以(もつ)て能(よ)く行(おこな)ふべきなり。其(そ)の至(いた)りに及(およ)びては、聖人(せいじん)と雖(いへど)も亦(ま)た能(あた)はざる所(ところ)(あ)り。天地(てんち)(だい)や、(ひと)(な)(うれ)へる(ところ)(あ)り。故(ゆえ)に君子(くんし)(だい)(かた)れば、天下(てんか)(よ)(の)すること莫(な)く、小(しょう)(かた)れば、天下(てんか)(よ)(やぶ)ること莫(な)し。詩に(いは)く、(とび)(と)んで(てん)(いた)り、(うお)(ふち)(おど)ると。(そ)上下(しょうか)(あきら)かなるを(い)ふなり。君子(くんし)(みち)は、(たん)夫婦(ふうふ)(な)す。其(そ)(いた)りに(およ)びては、天地(てんち)に察(あきら)かなり。

第十三章Link

子曰。道不遠人。人之爲道而遠人。不可以爲道。詩云。伐柯伐柯。其則不遠。執柯以伐柯。睨而視之。猶以爲遠。故君子以人治人。改而止。忠恕違道不遠。施諸己而不願。亦勿施於人。君子之道四。丘未能一焉。所求乎子。以事父。未能也。所求乎臣。以事君。未能也。所求乎弟。以事兄。未能也。所求乎朋友。先施之。未能也。庸德之行。庸言之謹。有所不足不敢不勉。有餘不敢盡。言顧行。行顧言。君子胡不慥慥爾。

子曰く、(みち)(ひと)(とほ)からず、(ひと)(みち)(な)して(ひと)(とほ)きは、(もつ)(みち)(な)すべからず。詩に云(いは)く、(か)(き)(か)(き)る、其(そ)(のり)(とほ)からずと。(か)(と)りて以(もつ)(か)(き)る、(げい)して之(こ)れを(み)る、猶(な)ほ以(もつ)て遠(とほ)しと為(な)す。故(ゆえ)君子(くんし)は人(ひと)を以(もつ)て人(ひと)(おさ)め、(あらた)めて而(しこう)して(や)む。忠恕(ちゅうじょ)(みち)(さ)ること遠(とほ)からず、(これ)(おのれ)(ほどこ)して(ねが)はざれば、(ま)た人(ひと)(ほどこ)すこと(なか)れ。君子(くんし)の道(みち)(よつ)あり、(きゅう)(いま)(いつ)も能(よ)くせず。(こ)(もと)むる所(ところ)、以(もつ)(ちち)(つか)ふ、未(いま)だ能(あた)はざるなり。(しん)に求むる所、以て(きみ)に事ふ、未だ能はざるなり。(てい)に求むる所、以て(けい)に事ふ、未だ能はざるなり。朋友(ほうゆう)に求むる所、(ま)づ之(こ)れを(ほどこ)す、未だ能はざるなり。庸徳(ようとく)(こ)れ行(おこな)ひ、庸言(ようげん)之れ(つつし)み、(た)らざる所(ところ)(あ)れば(あ)へて(つと)めずんばあらず、(あま)り有れば(あ)へて(つく)さず。(げん)(ぎょう)(かへり)み、(ぎょう)(げん)(かへり)みる、君子(くんし)(なん)慥慥(ぞうぞうじ)たらざらん。

第十四章Link

君子素其位而行。不願乎其外。素富貴行乎富貴。素貧賤行乎貧賤。素夷狄行乎夷狄。素患難行乎患難。君子無入而不自得焉。在上位不陵下。在下位不援上。正己而不求於人。則無怨。上不怨天。下不尤人。故君子居易以俟命。小人行險以徼幸。子曰。射有似乎君子。失諸正鵠。反求諸其身。

君子(くんし)(そ)(くらい)(そ)して(おこな)ひ、(そ)(そと)(ねが)はず。富貴(ふうき)(そ)しては富貴(ふうき)(おこな)ひ、貧賤(ひんせん)(そ)しては貧賤(ひんせん)(おこな)ひ、夷狄(いてき)(そ)しては夷狄(いてき)(おこな)ひ、患難(かんなん)(そ)しては患難(かんなん)(おこな)ふ。君子(くんし)(い)るとして自得(じとく)せざる(な)し。上位(じょうい)(あ)りて(しも)(しの)がず、下位(かい)(あ)りて(かみ)(ひ)かず、(おのれ)(ただ)しうして(ひと)(もと)めざれば、(すなは)(うら)み無(な)し。(かみ)(てん)(うら)みず、(しも)(ひと)(とが)めず。故(ゆえ)君子(くんし)(やす)きに(お)りて以(もつ)(めい)(ま)ち、小人(しょうじん)(けん)(ゆ)きて以て(さいは)ひを(もと)む。子曰く、(しゃ)君子(くんし)(に)たる(あ)り、(これ)正鵠(せいこく)(うしな)へば、(かへ)りて(これ)(そ)(み)(もと)む。

第十五章Link

君子之道。辟如行遠必自邇。辟如登高必自卑。詩曰。妻子好合。如皷瑟琴。兄弟既翕。和樂且耽。宜爾室家。樂爾妻孥。子曰。父母其順矣乎。

君子(くんし)の道(みち)は、(たと)へば(とほ)きに行(ゆ)くは(かなら)(ちか)(より)するが(ごと)く、(たと)へば(たか)きに(のぼ)るは(かなら)(ひく)(より)するが(ごと)し。詩に曰く、妻子(さいし)(よ)(あ)へり、瑟琴(しつきん)(ひ)くが如し。兄弟(きょうだい)(すで)(あ)へり、和楽(わらく)して(か)(たの)し。(なんぢ)室家(しつか)(よろ)し、(なんぢ)妻孥(さいど)(たの)し。子曰く、父母(ふぼ)(そ)(じゅん)なるか。

第十六章Link

子曰。鬼神之爲德。其盛矣乎。視之而弗見。聽之而弗聞。體物而不可遺。使天下之人。齊明盛服。以承祭祀。洋洋乎如在其上。如在其左右。詩曰。神之格思、不可度思。矧可射思。夫微之顯。誠之不可揜。如此夫。

子曰く、鬼神(きしん)(とく)たるや、(そ)(せい)なるかな。(こ)れを(み)れども(み)えず、(こ)れを(き)けども(き)こえず、(もの)(たい)して(のこ)(べ)からず。天下(てんか)の人(ひと)をして、斉明(さいめい)盛服(せいふく)して、以(もつ)祭祀(さいし)(う)けしめ、洋洋(ようようこ)として其(そ)の上(かみ)に在(あ)るが如(ごと)く、其(そ)左右(さゆう)に在るが如し。詩に曰く、(しん)(いた)る、(はか)(べ)からず、(いは)んや(いと)(べ)けんやと。(そ)(び)(あきら)かなる、(まこと)(おほ)ふべからざる、(かく)(ごと)(かな)

 このエントリーをはてなブックマークに追加   
補足
孔子の字

Page Top