第十四章

原文↑↑↑

君子素其位而行。不願乎其外。
素富貴行乎富貴。素貧賤行乎貧賤。素夷狄行乎夷狄。素患難行乎患難。
君子無入而不自得焉。
在上位不陵下。在下位不援上。正己而不求於人。則無怨。
上不怨天。下不尤人。
故君子居易以俟命。小人行險以徼幸。
子曰。
射有似乎君子。失諸正鵠。反求諸其身。

書き下し文↑↑

君子(くんし)(そ)(くらい)(そ)して(おこな)ひ、(そ)(そと)(ねが)はず。
富貴(ふうき)(そ)しては富貴(ふうき)(おこな)ひ、貧賤(ひんせん)(そ)しては貧賤(ひんせん)(おこな)ひ、夷狄(いてき)(そ)しては夷狄(いてき)(おこな)ひ、患難(かんなん)(そ)しては患難(かんなん)(おこな)ふ。
君子(くんし)(い)るとして自得(じとく)せざる(な)し。
上位(じょうい)(あ)りて(しも)(しの)がず、下位(かい)(あ)りて(かみ)(ひ)かず、(おのれ)(ただ)しうして(ひと)(もと)めざれば、(すなは)(うら)み無(な)し。
(かみ)(てん)(うら)みず、(しも)(ひと)(とが)めず。
(ゆえ)君子(くんし)(やす)きに(お)りて以(もつ)(めい)(ま)ち、小人(しょうじん)(けん)(ゆ)きて以て(さいは)ひを(もと)む。
子曰く、
(しゃ)君子(くんし)(に)たる(あ)り、(これ)正鵠(せいこく)(うしな)へば、(かへ)りて(これ)(そ)(み)(もと)む。

 このエントリーをはてなブックマークに追加   

Page Top